HOME

光ファイバー工事

光ファイバー工事を施工するには、専用機器・測定器が必要です。
たけのうち電器ではこれら機器を所有しています。
お任せいただければ確実な施工をお約束いたします。

  

 
光ファイバーケーブルの特徴
・一本の太さが125μmとものすごく細い心線
・外部からのノイズや電磁的な影響を受けない
・低損失のため長距離伝送が可能
・一度にたくさんの情報を送れる
・ギガビットの高速伝送
・たくさんのケーブルを束ねても僅かな太さしかないので施工性が良い
・重量が銅のケーブルに比較してかなり軽い
光ファイバーケーブルの種類
・シングルモード (SM) 単心 / 多心・テープ心線
・マルチモード (GI) 単心
接続
 光ファイバーを接続する作業は「融着」という方法で接続します。
 心線の切断面を真っ直ぐにカットし、心線同士の軸を合わせ、放電によって溶かして接合します。
 融着機は「単心用」と「単心・テープ心線両用」があります。

ファイバー融着機(単心用)  

ファイバー融着機(単身/テープ心線用)
試験
接続後の伝送損失の試験をします。
測  定  器
OTDR

光のパルスを用いて光ファイバの長さと進行方向の損失変化を計る機械です。やさしくいえば、ケーブルの長さがどの位で、何メートル(km)先で接続されてその部分で、どの位損失しているかを知ることが出来るすばらしいマシンです。
測定器
光マルチメーター レーザー光源

レーザー光源を実装(発射)して、線路損失を測定します。
測定器
ハンディータイプ損失メーター

LED光源で線路損失を測定します。
測定器

↑このページのTOPへ
Copyright (C) 2008 Takenouchi Denki. All Rights Reserved.
HOME