O&Mとは

 O&Mとは(オペレーション&メンテナンス)の略で、
「太陽光発電所の【運用管理】【維持管理】」という意味です。

 

平成29年4月1日より「改正FIT法」(通称)施行されました。

 その事業計画策定ガイドラインに〔再生可能エネルギー発電事業の実施において遵守する事項〕 のひとつとして、発電設備の保守管理が規定されました。

 

と、されています。

 具体的な保守点検及び維持管理の内容については民間団体が作成したガイドラインに従い保守点検・維持管理を行い、実施内容については記録・保管しなければなりません。

 

 実は、この内容は設置者が自営で保守点検を行うにはハードルの高いものです。

  • 電気保安に対する十分な知識を有する者がいること
  • 各種測定機器を有し、適正値の見極めができること
  • 発電設備の稼働状態をモニターし、異常発生時はそれに対処できること

 このために電気保安に十分な知識がある人材を雇用し、維持管理させるとなると低圧設備(50kw未満)では、経費が売電収入を上回るケースもあり得ることになります。

 

では、どうすれば?

 

 弊社では、皆様の維持経費を低減し、安定した発電事業を継続できますように
「太陽光発電設備点検管理サービス」を開始しております。

 ガイドラインに基づく点検・各種測定および点検・維持管理記録を行います。加えて点検申込を頂いたお客様につきましては

  • 事業計画書の登録代行
  • 設備標識の作成・取付
  • 年次事業報告の登録
  • 異常時・緊急時の「駆け付けサービス」(修理代は別途)

無償にて対応させていただきます。

 当社開発の遠隔監視システム「発モニ」は必須とさせて頂きます。(加入条件)

   

たけのうち電器事業案内

  • 太陽光発電
  • 発モニ
  • ドローンによる動画・静止画の撮影
    ドローンによる空撮
  • LanCamランカム
    遠隔監視カメラシステム
  • WorkViewグループウエア
    グループウエア